オーガニック 認定

最低限知っておきたいオーガニックコスメ知識:オーガニック認定は難しいもの?

欧米はもちろん日本においても、身体に良く環境にも配慮したオーガニック食品や商品が多数販売され、利用する人も増加しています。中でもコスメは顔に塗るものですから、敏感肌の方などから高い支持を得ています。
オーガニックコスメとは、農薬や化学肥料を使わないで、有機栽培で育てられた植物を主に使った化粧品のことです。オーガニック化粧品を使用することで、肌に負担をかけることなく肌本来が持つ力を引き出して、美肌に導くものと考えられています。
近年、アレルギーなどによる肌のトラブルに悩む人が増え、自然原料で作られたコスメやボディケア用品を求める人が増えています。人用ばかりでなく、ペットのケア用品にもナチュラル商品は広がっており、欧米各国では複数の認定機関が行っています。
日本でもオーガニックコスメの認証が始まっていますが、国際的な統一機規準や国の規準が整っていないため、各認証機関の独自認定や各メーカー独自の判断でオーガニックコスメや自然化粧品と謳って、販売されている現状です。
基本的に、農薬や化学肥料を使わずに生産された植物を原料とした化粧品をオーガニックコスメと言いますが、植物の栽培方法が有機認証を取得している場合と独自判断規準に沿った場合があります。日本市場に出回っている自然化粧品の多くは、自然原料の割合がどれぐらいかは示されておらず、自然の材料を使っていればナチュラルコスメと称して販売しても良い、という認識の元で行われています。
オーガニックコスメのメーカーの中には、原料に徹底的なこだわりを持ち、製品化しているところもあります。植物エキスや精油はオーガニック認証されたもののみしか使用しない、遺伝子組み換えされた原料は使用しない、環境に配慮して生産している農家からしか購入しないなど、こだわっているのです。こうして作られたコスメや商品は、安心して使用し続けることができます。また、信念をもったメーカーの商品は信頼され、口コミで広がり人気となっています。