オーガニック 基準

最低限知っておきたいオーガニックコスメ知識:オーガニックの基準

ある化粧品がオーガニックコスメに分類されるためには、原料となっている成分に農薬や化学肥料が使用されていないことが必要です。しかし、実際に販売されている化粧品をみてみると、若干の合成成分が含まれている化粧品であってもオーガニックコスメとして販売されているものが多いことに気がつきます。実は、化粧品がオーガニックであるとみなすための世界的な統一基準はなく、日本国内においても品質基準は設けられていません。オーガニックコスメと称すかどうかについては、各化粧品メーカーの裁量に委ねられているのが現状です。
しかし、化粧品メーカーが独自の基準で決めているだけでは、消費者からの信頼を得ることができません。購入者が使用中に肌トラブルを起こしたときに、合成成分の割合が多いのにオーガニックコスメとして販売していたことがわかってしまうと、製造元は信頼を失うことになります。そのため、多くの化粧品メーカーでは、自社で開発したオーガニックコスメについては、国際有機認証機関で認証を取得した上で販売を行うようにしています。
例えば、有名な国際有機認証機関の一つである「ECOCERT」では、製品の95%が天然原料であり、植物原料については95%がオーガニック原料であることや、保存料以外で石油原料が一切含有されていないこと、遺伝子組み換え原料を使用していないこと、容器のリサイクルが可能になっているなど、環境に対する配慮が十分になされていることなど、たくさんある条件をすべて満たしてはじめて認証を取得することができます。また、もう一つの有名な認証機関である「NaTrue」では、ECOCERTが定めている基準に加えて、動物実験を実施していないことや、成分に放射線をつかった処理が施されていないことなども認証を受けるための条件となっています。認証機関から認証を取得するには多くの時間とお金を費やさなければなりませんが、このプロセスを経て販売することでオーガニックコスメの使用を考えている消費者に手に取ってもらいやすくなります。